IZ*ONE 190120日本デビューショーケース

IZ*ONE 190120日本デビューショーケース

韓国のアイドルサバイバル番組『Produce48』で結成された 日韓合同グループIZ*ONE が日本デビューショーケースを行いました。

ギャラリーコーナーではメンバーそれぞれの真剣なパフォーマンス中の表情や、可愛さ溢れる愛嬌など、ここでしか見られないアイズワンをお楽しみいただけます。

 

<公演の合間に行われた記者会見を全文文字起こしでお送りします>

 

メンバー:Eyes on me!こんにちは~IZ*ONEで~す!よろしくお願いしま~す

 

MC:みなさんこの度はデビューおめでとうございます

メンバー:ありがとうございます

 

MC:まず簡単に自己紹介と、日本デビューの意気込みを1人ずつお願いします

チェウォン:こんにちは、IZ*ONEのチェウォンです。これからももっと頑張ります。よろしくお願いします

ユリ:初めまして、チョユリです。IZ*ONE頑張ります!ありがとうございます

ウォニョン:ウォニョンです!私はIZ*ONEというグループを知ってもらいたいです。ありがとうございます

咲良:IZ*ONEの宮脇咲良です。私自身としては2度目のデビューということで、また48グループとは違った私の魅力を見せていたらなと思っています。よろしくお願いします

奈子:矢吹奈子です。日本人のメンバーでこう日本での活動でも助け合って、韓国のメンバーのみんなと一緒に頑張っていきたいと思います

ウンビ:こんにちは~IZ*ONEのウンビです。みなさんに会えて本当に嬉しいです。これからも頑張りますのでよろしくお願いしま~す

ミンジュ:こんにちはIZ*ONEのミンジュです。応援してくれてありがとうございます。これからも頑張ります。ありがとうございます

チェヨン:こんにちはIZ*ONEのチェヨンです。IZ*ONEが、キラキラかがや…輝くために、もっと頑張りますので、どうぞ見守ってください。みなさん、よろしくお願いします

イェナ:こんにちは、IZ*ONEのチェイェナです。日本デビューが今も信じら..れ..ないです!これから頑張ります!ありがとございます

仁美:こんにちは、IZ*ONEの本田仁美です。これからたくさんの方にIZ*ONEを知っていただいて、そして愛していただけるように、頑張りたいと思います。よろしくお願いします

へウォン:こんにちは、へウォンです。今日からも、もっとかっこよくします。ありがとうございます

ユジン:こんにちは、IZ*ONEのユジンです。IZ*ONEというグループになって本当に嬉しかった瞬間が、たくさんありましたけど、これからも…嬉しい瞬間を、たくさん作りたいです!よろしくお願いしま~す

 

MC:先ほど昼の部を終えまして、感想を宮脇さんお願いします

咲良:はい。そうですね~IZ*ONEのファンの方が、女性の方が7割!以上占めていて、私たちは(隣の奈子を見ながら)女性の方の歓声を浴びることがなかなかなかったので、すごく貴重な体験で、逆にすごく、みんな緊張もしたんですけど、素敵な舞台を見せられたかなと思います!

 

MC:みなさんすごく日本語が上手なんですけど、どんな風に勉強されているんですか?

ウォニョン:私は、プロデュース(48)のために、えっと、自分で、自分の…会社?事務所で、勉強しました

MC:一番最近覚えた日本語ってなんですか?

ウォニョン:「私を信じてください」

MC:それはどこで覚えましたか?

ウォニョン:最初は、私が…”실수”가 뭐예요?(“間違い”はなんですか?-通訳「間違ってしまった」)間違って言った単語でした、これが。それから、おねえ..さくちゃんが私に、「これじゃなくて、『信じてください』ね!」と話しました。それで覚えました、覚えてました?覚え…(隣の咲良「ました?」)覚えました

 

MC:逆に日本人のメンバーは韓国語覚えましたか?

咲良:そうですねぇ、本格的に韓国語を勉強してからもうすぐ三ヶ月、ぐらいなんですけど、韓国人のメンバーがすごく助けてくれるので、徐々に!上達して..きてるかな?と思うんですけどまだまだ未熟なので、3人で、頑張りたいなと思います

MC:一番最近覚えた韓国語はなんですか?

咲良:なんだろう…何かな?(奈子を見る)……”オッチョルスオプソ”?

メンバー笑い

咲良:”しょうがない”(笑)

MC:もう一回、韓国語ではなんていうんですか?

咲良・奈子:”オッチョルスオプソ(어쩔 수 없어)”

咲良:しょうがないよね…っていう

 

MC:普段のコミュニケーションは、日本語と韓国語どちらでされているんですか?

咲良:混ざった言葉で…日本語だったり韓国語だったりっていう

仁美:なんか、私たちが韓国語で話しかけたら(韓国人メンバーが)日本語で答えるみたいなのもたまにあって、そういうのもすごい面白いなって思ってます

チェヨン:お互いに勉強してます

 

MC:宮脇さんにお伺いしますが、こちらのホール(TDCホール)って、AKBグループとしてはホームに近いと思うんですけれども、そこでこうやってやってみた感想はいかがですか?

咲良:そうですね、このTDCホールは、何度も立ったことはあるんですけども、今回IZ*ONEとして、初めてこのステージに立つと全くこう…雰囲気だったり光景も全く違って、また新しく、アイドルとしてデビューしたんだなっていう、すごく新鮮な気持ちになりました

 

MC:なんか日本の面白いところとか教えてあげたりっていうのはありますか?美味しい食べ物だったり

咲良:みんなで、回転寿司…に、行きました。美味しかった?

イェナ:美味しい美味しい

 

MC:新グループの、ズバリ、セールスポイントはどこでしょう?

咲良:セールスポイントは…みんな可愛い(笑)ところだと思います

チェヨン:自信がないです

咲良:みんなほんとに可愛くて、スタイルも良くて、きっと、女性の方の憧れの、アイドルグループになったらいいなって思ってます

 

MC:将来的に、例えば東京ドームでコンサートしたいとかそういう夢とか希望あったら…

奈子:でもなんかみんなで話しましたよね

咲良:ああ、やりたいこと?

奈子:レッスン場で、今回デビューするけど、みんなで、東京ドーム立てるくらい大きくなれるように頑張って行こうっていうことを…

咲良:みんなで、IZ*ONEで、いつか東京ドームに立てるように、みんなで、頑張って、努力したいと思います

ウォニョン:がんばります!

 

MC:みなさんのスタンスとしては、日本と韓国を行ったり来たりになるんですかね?

咲良:そうですね、私たちは日本のアイドルでもなく、韓国のアイドルでもなく、グローバルアイドルを目指してるので、世界の方に会いに行くIZ*ONEでいたいなって思います

 

MC:宮脇さんと矢吹さん、今日のことに関して指原さんに連絡とかされました?

咲良:あの、さっしーが、韓国でカップ麺を買ってくるようにTwitterで言われたので、ちゃんとそれを持ってきて、今日は、会えなかったんですけど、いつかどこかで渡したいなと思います

奈子:連絡はしてないんですけど、後で連絡しようかなと思って…

MC:今振り返って指原さんの卒業ってどう思われますか?

咲良:そうですね、寂しさはあるんですけども、本当にHKTのためにさっしーは人生をかけて頑張ってくれたので、その分私たちがこれからはアイドル界を盛り上げていきたいなって思います

奈子:本当にずっと憧れだったので、やっぱり卒業っていうのは寂しいんですけど、これからも、前向きな卒業だと思うので、私たちも全力で頑張っていけたらなと思います

 

MC:日本のWIZ*ONEの方に、一言お願いします

チェヨン:WIZ*ONEのみなさん、私たちが情熱的で、みな、みな、みなさんに、いいエネルギーをあげられるようにがんばりますので、応援してくださってありがとうございます。…なんだろう?(笑)はい、よろしくお願いします。日本の皆さん、今日も、私たちがデビューしたから、今後の未来も、ちゃんと、応援してください。ありがとうございます

 

メンバー:ありがとうございました!