【K-Pop】公園少女来日プロモーションイベント

【K-Pop】公園少女来日プロモーションイベント

11月18日、日曜日の活気ある渋谷で、特に人だかりの出来ていたMODI1階特設ステージ。韓国で9月にデビューしたばかりの7人組ガールズグループ『公園少女(GWSN)』の来日プロモーションイベントが開催された。

 

ステージに上がる前、ちらりと見えた姿だけで大きな悲鳴と拍手が沸き起こる。日本人メンバーの「ミヤ」が在籍していることも、日本で早くから注目を受けている一因だろう。

 

日本語での簡単な自己紹介を終え、1曲目はデビューアルバムにも収録されている「YOLOWA」。ミヤの「退屈な現実から離れて夜を楽しもうというメッセージが込められた、楽しい曲になっているので、どうぞ楽しんでみてください!」という言葉通り、窮屈な生活を抜け出して夜に舞う少女たちを連想させる曲だ。ラテンな雰囲気も感じられるメロディに、歌詞にはスペイン語で「狂った人生を生きる」を意味する「Livin La Vida Loca」やスワヒリ語で「なんとかなるさ」という意味を持つ「ハクナマタタ」というフレーズが登場するなど、遊び心の光る曲を、キュートでセクシーなダンスでさらに魅力的に表現した。

 

曲が終わると今度は日本人メンバーのミヤだけでなく、「Produce101 Season1」で活躍したことでも知られるメンバー、ソギョンから「私たちのとの時間がみなさんにもいい思い出になったらいいと思います!」リーダーのソリョンから「これからもっといい姿で歌ってお会いすることができるように頑張ります!これからも私たちを見守ってください!」と日本語でのメッセージも。

 

最後に披露されたのはデビューアルバムのタイトル曲「Puzzle Moon」。「パズルのようにバラバラになった月のかけらが一つになった時に少女たちの夢と希望が叶う」というメッセージの込められたダンス曲だ。アルバムタイトル「THE PARK IN THE NIGHT」そのままに、夜の公園が頭の中に描かれるミステリアスな魅力を持ったこの曲は、本国の音楽番組で一位候補にも挙がったことのある人気曲。サビの歌詞である「これが魔法みたいでも 夢のようでも 今私の前にいるあなたを満たしてあげる 奥深い Puzzle Moon 闇が押し寄せても また私を照らしてくれる」というメッセージはまさしく公園少女とファンを表すようだ。ファンたちの揃った掛け声の後押しを受け、かっちりとハマったパズルのように一糸乱れぬパフォーマンスで、観客だけでなく道ゆく人をも魅了した。

 

ステージパフォーマンスの後にはCD購入者への特典会としてハイタッチ会とサイン会も実施された。さっきまでステージで歌い踊っていたカリスマ溢れる姿から一変し、笑顔でファンと交流する姿には親近感を感じられる。

 

観客との距離が近いことで、曲中にもファンサービスを繰り出す、サービス精神溢れる可愛らしい姿も多く見受けられたが、彼女たちの魅力溢れるパフォーマンスに対しては小さすぎるステージのように感じられた。次はもっと大きな舞台でまたあの素敵な姿を見られることを期待したい。

 

写真:(C) KIWI MEDIA JAPAN